昨日までの連休も仕事でした。疲れました。日中はあまり来なかったんですけど、夕方ちらほら、お客様がいらっしゃいました。こういう時間に来る人は、ほとんどじっくりメガネの相談をしたい方ばかりなので、一人当たりにかかる時間は長いですよね。ただじっくり時間をかけるのが、功を奏するのか、単価は、けっこう悪くないですね。ほとんど累進です。遠近を筆頭に、中近、近用ワイド、場合によっては複数、購入していただける。じっくりメガネを作りたいお客様はごくごく微妙な差でも気にされますので、明視域の暗算も一瞬迷ったりして。早見表もあるんですけどね。メガネのお客様の方々へ。じっくり相談に乗ってくれるメガネ屋は、けっこう使えますよ。たまにレンズメーカーのブランドにこだわるお客様やメガネ屋さんがおりますが、それも、まぁ大事じゃないとは言いませんけど、それよりも大事な要素があるってことです。正確な検眼による度数設定、適切な商品選択、フィッティング状態等、これらのうちどれかがうまくいかなくても、いいメガネはできません。当たり前のことですけどね。こういう当たり前のことってあまり公言されてないようですが、なぜ公言されてないかということを、ここで書いていくとブログがおわらなくなっちゃうのでしませんけど。

昨日、スマスマを見ていたら、稲垣吾郎さんのCCBが新宿でライブをしてました。その後ドッキリで、本物のCCBが出てきたんですが、感無量でしたね、当時聴いてたファンとしては。関口誠人さんもでてたんですけど、私は彼がCCBを解散して、ソロで出した「東京ラバーズマップ」というシングルをよく聴いてました。この曲を聴くと、前の会社の新入社員だった頃を、手に取るように思い出します。大学を出て、入社したての頃、なんか毎日つらかったですね、他の人はどうだったか知りませんが。話は前後しますが、大学の頃、CCBのLP( ! )を神保町のレコードレンタル「you&I」によく借りに行ってました。