昨今、新しいタイプの眼鏡店がでてきている。どういう店かというと、どのレンズを使っても一定の金額でメガネができるという店だ。例えば、低屈折のレンズでも超高屈折のレンズでも2万円とか、1万8千円とか。今まで、レンズ代が高いと思っていた人には朗報かもしれない。なぜ、このような店ができてきたのか。理由は簡単だ。レンズの卸値が安くなったからだ。特に高屈折のレンズは。レンズの種類による金額差がほとんどなくなりつつあるのである。これはメーカーの事情もあるのだろう。
ただし、メガネの品質は使ったレンズの種類にだけに左右されるものではない。まず大事なことは、決定した度数なのだ。その度数がどのような過程で決定されたものなのか、これが一番重要なのである。あたりまえのことだ。だからメガネ屋の検眼が信用できない人は眼科で処方箋を書いてもらい、メガネを調製したりする人もいる。しかし、眼科の処方だからといって必ずしもうまくいくことばかりでもない。これも事実だ。このことはまた、後で詳しく書きたいと思うので、ここではあまり深く触れない。レンズの種類の選択は、度数によって選択することになるが、これはレンズを販売する店員がどれくらいレンズのことを知っているかによって、メガネのできは違ってくる。高屈折や、非球面が必ずしもいいとは限らない。そのことを分かっている人が、このような店にどれくらい存在するかは、もちろん私は知らない。
私自身は色々なタイプの店があってもいいと思っている。そのほうが、消費者、つまりメガネユーザーの選択肢も増えるからだ。これは悪いことではない。しかしメガネを調製する人に関しては、なんら、基準がないのである。これはおかしい。だからこその、眼鏡士制度なのだが、消費者の認知度はイマイチだ。
これは一つの販売に関するアドバイス。レンズをどれにするか、という段階で、こちらの推奨するレンズにしていただけるかどうか、と言うことに関しては、一連の検眼からのお客様とのコミュニケーションによって大きく違ってくるということだ。お客の信用を得られれば、だいたいこちらの薦めるレンズにしていただけるのである。もちろん値切られることもほとんどない。たとえ高いレンズでも高いなりの理由を納得いただければ、購入していただけるのである。ただし条件がある。まず、技術が確かなこと、知識が正確であること、そして正直であること。この条件が備わっていない販売員は、高付加価値レンズを売る資格はないといってもいいだろう。常々思っていることだが、是非、メガネ屋の店員を見る目というものをお客様には持ってもらいたい。これは店員でもあり、ユーザーでもある私の願いである。